Anne's 気まぐれカメラライフ

annebysk.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

弘前雪明り2012

b0219214_19113550.jpg

珍しく、冬の夜にお出掛けをしました!
弘前雪明り2012 / 2月9日(木)-12日(日)

その中のイベントである、「雪明り写真教室」。

只今、夜の弘前は、あったかい明かりでほかほか。
その名所を巡りながら、写真のレクチャーを受けながら、夜の明りを素敵に残そう!
そんな感じ♪

夜に、写真を撮る、その撮り方を教わる。
絶好の機会です!! しかも、冬に。
滅多にないことなので、すごーく楽しみにして、準備万端!
気合いに、栄養ドリンクまで1本ゴックン。

電車に揺られながら。 会場までの道のりの中。 どきどきしっぱなし。

集合場所の吉野町緑地公園の手前。
まちなか情報センター近辺で出会った明り! 明り!! 明り!!!

道端のそこかしこに、灯る、無数のキャンドルライト!
どきどきしていた気持ちに、ワクワクとした明りが、足を運ぶたび、
ひとつ、ふたつ・・・・とめどなく灯る。

ふと、狭い道がひらけた、あの光景。
通りすがりの誰かが、私の気持ちを代弁してくれた。
「何これ! すごーい!!!」

小声で私も同じことをつぶやいていました。
無数のキャンドル、無数の明り。
サーカスを彷彿させる、円錐屋根のテント。
それすら、無邪気にきらきらと輝いていた。

あったかい飲み物を出している、と聞いたので、
ぐるりと囲む明りと雪像を眺めながら、テントに入って一休み。

猫舌の私は、熱々のアップルジンジャーと格闘しながら、握ってきたおにぎりをほおばった。
そんな風にのんびり時間をつぶしているうち。
降りだした雪から避難してきた、写真教室参加者のみなさんとともに、
講師の長谷川氏登場。

満員寸前(笑)のテントで、スタートです♪

簡単な自己紹介が始まり、コンパクトのひと、一眼のひと、一眼を2個のひと・・・!!
さまざまな、いでたちの参加者のみなさん。
みんな同じなところは、きっと、おんなじ。
「写真、大好き♪」

実践あるのみなので、今日のような撮影に適した、カメラの基本の設定をまず。
ズームレンズなら、望遠側でボケ味を。
ホワイトバランスは細かく設定のきくカメラなら、色温度5000 K ほどに設定。
キャンドルらしい暖色系の色合いです。

まだ雪が降っているものの、撮影出発!
みなさん、パシャパシャと颯爽と撮る! 撮る!
長谷川氏もバシバシ、レクチャー&撮影をこなす! こなす!

普段、ひとりでマイペースに撮影する自分は、ついていくので精一杯(汗)
ボケを出したくて、雪が小降りになったときに、レンズを変えた。

なんとか、撮影に気分が乗ってきた矢先の出来事。
ふかふかの雪の上、なんの前触れもなく。

ずっこけました・・・・。

降っても降ってもまだ降る雪に隠れていた、電飾か何かの、ケーブルにつまずいて。
カメラごと、バッグごと、自分ごと。 雪まみれ。
そして、ハッ!! とした。

カメラ!!!

大事な可愛い相棒・・・・雪まみれ。
はらうだけじゃたりないほど。

ハンカチをとりだし、自分の顔じゃなく、カメラを必死にはらった。
泣きたくなる出来事は、転ぶだけにとどまらず・・・・。
カメラか、レンズか、どちらかがおかしくなてしまったのです・・・・。
ピント、合わず…・。 シャッター切れず・・・・。
泣きべそ。
こんな時は、自分のことしか頭にない。

そののち、雪がひどくて避難することになってしまい、写真教室、急慮中止。
みんなで、最終目的地、かだれ横町になだれこむことに。

お酒は飲まないので、持ってきた水筒をあおり、
散々、グチグチ、カメラの事故をまわりに愚痴る。
こんな時は、自分のことしか頭にない。

こんな私に、「帰ったのちの対処法」を教えてくださったみなさん、
ほんとうにありがとうございます。。 すみません。。

自宅に戻り、夕方からの一連の出来事をまた、愚痴る。
みんな寝静まったあと、ひとりで、塩ラーメンを煮て食べた。
いろんなことが頭をめぐるなか、
雪にまみれた、カメラとレンズを、
薪ストーブがたかれた、乾燥した部屋で休ませた。
鍋やら、ラーメンどんぶりやらを洗いながら。
考えが行き着くところは、一緒。 「カメラ、壊しちゃった・・・・」

ぼーっとしながら、そういえばサーカステントで、自分の好きな曲が二曲流れたなぁ・・・・
なんて思った。
Walking In The Air と サイモン&ガーファンクル。

なにげなしに手を伸ばし、カメラを取った。
なにげなしに、レンズを取り付ける。
電源を入れ、シャッターを半押ししようとしながら、いろんなことを思い出していた。
結果は同じと、その一瞬であきらめの感覚がめぐった。
画面中心に緑のカーソルがでた。 同時にカーソルの先の像がはっきりと浮かぶ。
勢いで全押しするとシャッターが切れた、みたい・・・・!!?!?!
撮れた一枚が数秒、表示されて、またライブビューにもどった。

感動の瞬間って、こんな瞬間じゃないのかしら、と心の底から思えてきて、
泣きべそかくべきか、腹の底から笑うべきか、迷った(苦笑)

この日、出会ったすべてのみなさんと、
この日、迷惑と心配をおかけして、さらに助言と励ましをくださったみなさんに・・・・
ありがとうございました!! それと、大騒ぎしてすみませんでした(汗)

Anne.
b0219214_19125881.jpg

CAMERA : OLYMPUS PEN E-P2
[PR]
by komorebi-light | 2012-02-10 20:22 | little day trip