Anne's 気まぐれカメラライフ

annebysk.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

羅針盤

b0219214_1740174.jpg

羅針盤。

時たま足を運ぶ喫茶店。
ずいぶん前から。

三角の屋根と、開店とともに灯るランプ。
店の壁に伝う、キウイのツタ。

お店の看板メニューは、何度足を運んでも、
毎回、毎回、決めかねてしまうほどの数が常時並ぶ、
アイスクリームとシャーベット。

毎回悩んで、決めかねて選んでも、
ハズレ、というのは一度もないほど、どれもおいしい。
(シャーベットに関しては、とても個人的な理由ですが、歯にしみて食べられない・・・苦笑)

お昼時に決まって頼むのは、
数種類あるドリア、またはパスタ。

一度、気さくな店長さんが、「試作メニューなの!」と、
和風スイーツを少量ふるまってくださったことも。。

使い込まれた、椅子やカウンター。
古いものを大切に、心地よくすすけた素朴な店内。

しばらくしたら、また、
大好きな、あの味と雰囲気を味わいに、
寒いけれど、はにかみながら、雪を踏みふみ出掛ける予定。

お店のドアを開けたらまた、コリもせずに、
アイスクリームのショーケースの前で、首をひねったり、しかめっ面をしたり・・・・。
それとも、今日の気分はドリア? パスタ?

ひとしきり悩んだら、あとは一声・・・・・・・・
「すみませーん!!」

b0219214_1841990.jpg

CAMERA : Nikon New FM2
FILM : lomography REDSCALE XR 50-200
[PR]
by komorebi-light | 2012-01-28 19:52 | snapshot

雪野の花束

b0219214_1153628.jpg

ふいに出会った光景。
この景色は、忘れたくない・・・・。
そう強く思わせるものが、目の前にありました。

枯れてしまった花束。

誰かが、何気なしに、何の意図もなく、捨てたのでしょう。
このあと数時間雪が降れば、あっという間に雪の野に埋もれて、
何もない景色の中に消えていく・・・・そう、容易に想像がつきました。

慌てて、家にカメラをとりにもどり、雪が降る前に、
「残したい。」
そう念じながら、つかの間の感動を逃すまいと、シャッターを切りました。
降りだす直前まで。


この花束は、もう誰の目にも触れることはないでしょう。
たとえ、春が訪れて、雪が消えたとしても。

ただ今は、そっと土に返る日を、夢にみて....
春が来るまで、ずっと、ずっと・・・・。


CAMERA : Nikon New FM2
FILM : lomography REDSCALE XR 50-200
[PR]
by komorebi-light | 2012-01-27 12:55 | snapshot

The snow! snow!! snow!!!

b0219214_1935828.jpg

銀世界。
おとぎばなしの雪は、美しかったり、少し、不気味なものだったり。
おはなし、としての情緒があったり。

けれど。
目の前に突き刺さる吹雪の中を歩く生活の中には、そんなものは悲しいが、ない。

今日、通院先の病院の待合ホールで、たまたま昼時のワイドショーが目に入った。
民放の全国放送。
ちょっと、驚いた。
北のはずれの我が県の豪雪がニュースとして、ながれていた。
生活のいたるところで、毎日、実際に自分の目で、目にする光景。
辛くなるほど腰を曲げて、赤いスコップで雪を力を振り絞って、投げ捨てる。

これが、雪の降る国....の日常です。
メルヘンな・・・・たとえば、都会のホワイトクリスマスのドラマチックな感動は、ほとんどないです(苦笑)
初雪の日は、ちょっとある....かな?

その次の日から、ここは、「雪国」になっていきます。
お風呂をあがった後、分厚い布団をかぶって眠りについたら。
翌日の朝は、寒さ、が目覚ましです。

以外に楽しいものはというと。
薪ストーブのついた部屋で、「寒いねー」と、外の世界を忘れている時間、でしょうか・・・。

さて、薪がなくなったら、誰が倉庫までいってくるんだっけ?
b0219214_2012142.jpg

CAMERA : OLYMPUS PEN E-P2
[PR]
by komorebi-light | 2012-01-26 20:22 | snapshot

スパイスティーとデイリーライフ

2012年は、そっけないほど、あっという間にやってきた。

ここ数年の年越しは、実にそっけない。
学生の頃は、NHKの紅白歌合戦が、本当に楽しみだった。
けれど、歳を重ねると、音楽の趣味がどんどん変わっていき、
今は、テレビをあまり見ない(本当は、どっちかというと嫌い)ため、
流行している音楽にうとくなった。
となると、紅白は知らない曲のオンパレードなので・・・正直、楽しくはない。

とりあえず、椎名林檎だけは見て、風呂に入った。
いつもの調子で長風呂をし、あがってきたら、もうすでに「ゆく年くる年」も終盤。

私の場合は年越しパーティーとかカウントダウンなんてありえないので、
自宅で、誰がかけたかわからない民放で、テレビの中の誰かがカウントダウンをして・・・。

あっけなく、昨年がおわり、今年になった。
あるいは、今年がおわり、新しい一年が始まった。


そして。
一月下旬、突入。


あけまして おめでとうございます。
お元気ですか。
b0219214_1863471.jpg

ご挨拶が大変遅くなり、本当に申し訳ありません。。。


昨年は。
いつもイライラしていて、欲張って、いろんなモノに執着して・・・。
よい一年とはとても言えない。
自分が少し、恥ずかしい。 まるで、だだっこ。


しかし。
年が明けたんだなぁ・・・と思いながら眠りについた夜。
朝、目覚めると、なんとなく心が軽かった。

知らずに、荷でも背負っていて、その一晩で、それをおろしたのか、はたまた捨てたのか。

初夢を、確かに見たけれど、忘れてしまった。

今年は辰年。

空へ舞い上がる竜でもみつけたら・・・。

えいっっ!! とばかりに、飛びつき、しがみついて行けるものなら

高くたかく、昇ってみたいものです。

自分の限界なんて、知りたくないな。 できるものなら。


適度な刺激は、平凡な日々にこそ必要なのかも・・・・・・・・・・・。

とりあえず。
寒さは続きそうなので。
ジンジャーミルクティーで温まるとします。

Anne 。
[PR]
by komorebi-light | 2012-01-21 18:42 | daily life