Anne's 気まぐれカメラライフ

annebysk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:手作り( 15 )

アツアツ! ジューシーチェリー♡

缶詰のダークチェエリーが手に入ったので。
A.R.Iのレシピ本から、ダークチェリーケーキを再現です。
以前から大好きな、手軽なホールタイプの焼き菓子です。
b0219214_17332999.jpg

お店の「A.R.I」は書籍で見てるだけですが、
レシピは大好きで何度も作っています。
お菓子はまだまだ素人なので、身近な材料と思い立ったらすぐに作れるレシピは、
私のお菓子作りのレパートリーが広がっただけでなく、
もう一歩踏み込んで、これまでとは違うお菓子にチャレンジできるような、土台にもなった気がします。
実際このケーキが焼きたくてタルト型を購入し、ほんとのタルトを作ってみたくなって、
「タルト生地のパートシュクレってなに? アパレイユってなんのこと??」
なんて具合に少しずつ、しかしどんどんと、はまってしまったような気がします。


おやつのじかんに。22cmのタルト型だとボリューム満点♪ 
ほんとならシェアして食べたいサイズ(苦笑)
b0219214_17571019.jpg

裁縫をすることの多い小さなデスクで。
b0219214_198522.jpg

紅茶が好きですが、濃すぎるのも苦手なので、一定時間蒸らした後、
差し湯しながら楽しんでます。
ストレートティーの渋みが苦手な人にはオススメです。好きな紅茶がふえますよ!

Anne.SK
[PR]
by komorebi-light | 2015-07-29 19:22 | 手作り

ラッキーマフィン!

おいしいことありました♡
b0219214_17463724.jpg

最近、作ったお菓子を写真にして残すんですが。
なんともラッキーな出来事が♪

いつも製菓の材料を購入しているネットショップの方で、写真付きの口コミを募集していて。
ささやかながらお買い物ポイントがもらえるので、私もちゃっかり応募したりしてたんですが。

キャンペーンの真っ最中だったらしく、ナイスな口コミの15名様にどどーんと、
けっこうラッキーな額のポイントをプレゼント!なのだそうで。

次はどんなお菓子を作ろうかな♡なんて気分で立ち寄ることが多かった矢先、メールにて通知が来た。

「奥さんのナイスな口コミをラッキーな15名様に選出いたしました!」
実際のメールのやりとりはもうちょっとマジメですが・・・。

ほんとにラッキー・・・・
その数時間後には一ヶ月近く入荷待ちをしていたマフィン型が入荷!!
決して安くはない焼き型でしたが、その日のうちに購入を決意。

夜な夜な眠いまぶたをこじあけつつ、いただいたばかりのポイントでお買い物・・・。
毎回のことらしいのですが、翌朝にはすでに完売だった。。。

「なんてわたしってラッキーなのッ!!」、なんて言葉がひさびさに頭をよぎる(苦笑)

でも正直なところ、この気持ちってよくわからない・・・って人の方が多いよね・・・(汗)

Anne.SK
[PR]
by komorebi-light | 2015-07-28 19:33 | 手作り

失敗マフィン

写真写りは可愛いですが・・・。
b0219214_1114053.jpg

自宅で収穫した白桃を使ってマフィンを焼いてみたんですが。
これ、失敗です・・・(>_<;)

うちの桃はそろそろ終わりなので、とてもよく熟し実はやわらかくジューシー。
マフィンは最近レパートリーに加わったばかりで作るのも不慣れ。

以前から生のフルーツが焼き込んであるマフィンなんてさぞおいしいだろうな〜♪
とレシピ本見ながら思っていたのですが、果物にはそれぞれ向き不向きがあるんだと実感。。
熟れた桃は、不向きでした・・・(涙)

b0219214_1119370.jpg

不慣れなだけではなくてマフィン型をまだ持っていないのも個人的にザンネン。
こんな感じで耐熱プリン型にマフィン用グラシンカップを敷いています。
代用できるのでついつい・・・。
後で後悔したのは、なぜホーローバットに並べたままオーブンにいれちゃったのかな、なんてことで。

その日は夕食の後、もぎたての桃があったので、夜なよなまマフィン作り。
翌朝型からはずすと、あれ?(汗)・・・。生焼けに近いような・・・。
型を洗ってマフィンを戻し焼き直すという、かわいそうな結果に。
今度は天板にのせて。
b0219214_11313318.jpg

そして仕上げですが、それも失敗・・・・。
私、アイシング作るのが苦手で。トッピングくらいちゃんとできたらよかったな。

写真だけはばっちり撮って、失敗談をことこまかに日誌に残して。
できればこれは、いずれ役に立つ失敗であってほしい(切実)。。。

Anne.SK
[PR]
by komorebi-light | 2015-07-26 11:58 | 手作り

モモジャム

今年も作りました。庭でとれた桃を煮て白桃のジャム。
b0219214_19524129.jpg

青森は今年、雨がなかなかまとまって降りませんでしたが、
桃の実には良い条件だったようで、毎年果汁が水みたいに味気ないのですが、
めずらしく糖度の高い、甘〜い桃に♡
b0219214_2051846.jpg


小玉の白桃を14個。
果肉だけで1300g、種は傷んでいるものを除き12個。
むいた皮はすべて色出しに使うため、さらしに包み縛って、全部お鍋へ。
グラニュー糖はどの果物もだいたいざっくり計算して、果肉の50%。今回もざっくり。
レモン汁は(予想外の収穫だったため)ちょっと足りなかったかな・・・50mlで。
今年は凝って洋酒を使ったりはせず、自然な香りのみで楽しみました。
大好きな甘〜いジャムです♡

可愛いふたがお気に入り、広口でいろんな用途がある、ボンヌママンのジャム瓶は、
あまり捨てたりリサイクルには出さず、自分でリユース。
赤のギンガムも好きだけど、栗のスプレッドが入って売ってる茶色いギンガムも素朴で可愛い。

できあがり、ジャム瓶3コともう1コいかないくらい。
今年も大事に味わいたい一時の旬の味覚です。

Anne.SK
[PR]
by komorebi-light | 2015-07-23 20:50 | 手作り

リネンのiPod&イヤホン携帯ケース

やっとできました!
b0219214_1656473.jpg

手作りは好きですがときどき遠ざかりたくなることがやっぱりありますね。
マイペースな性格ゆえ、ひとつ作るだけでけっこう苦労します。
たくさん作ってきた経験もあるわけではないし、
毎回アイデアを形にするのに頭をひねってばかり(苦笑)
b0219214_1722074.jpg

今回の巾着は自分用にしました。
中に仕切りを付けて、いつも持ち歩くiPodとイヤホンをからまずに持ち歩く工夫を。
この仕切りがなかなか厄介で、布の合わせ方や縫う手順で一苦労。
b0219214_1794871.jpg

刺繍や挟んだレース、内布の雰囲気がイメージ通りぴたっと仕上がった今回は、
本当にあきらめず頑張ってよかった!

ちょっとあせりながら作業と向き合っていたためかちょっと疲労がでてきた近頃・・・。
最近はこれからの手作りに向けて充電中なのか、
久々にレンタルしたDVDでリフレッシュ、というかなんにも作らない・・・
そんな日々がかえって気が楽です。

Anne.
[PR]
by komorebi-light | 2015-03-02 17:23 | 手作り

袋物

ただいま製作中。
b0219214_1135676.jpg

何が欲しくて、何に使うのか、どんな用途で、どこに持つ物か・・・。

そんなことを思い浮かべながら物作りを始めると、

自然とサイズや、デザインやディテールがさだまっていくような気がします。

なんだか自分は袋物が好きみたい・・・。

iPodとイヤホンを欠かさず持ち歩くんですが、付属の巾着は女子にはちと渋すぎる・・・。

中に仕切りなんかも付いていて便利なんだが、もうちょっと可愛いのだったら・・・。

そんな「こういう物が欲しい!」という欲から私の作りたい!が始まったりします。

作ったことがない物は、挑戦です。

手芸はするけれど何でも作れるわけでもないので、作り方は試行錯誤ばかり。

先日買った「きれいに縫うための基礎の基礎」なんて本は、

自分の手作りにも目から鱗のテクニック! いい買い物でした。


根を詰めてしまいがちで、疲れやすかったりも。

合間にあるおやつタイムで、フル回転の頭に一息。

このあとも頑張ります!
b0219214_1261852.jpg


追記

先日のブログにあった巾着がバザーで手元から旅立ちました。
人生初の出来事、手作りの新たな醍醐味でした!
感謝!です!

Anne.
[PR]
by komorebi-light | 2015-01-16 12:25 | 手作り

余り布でブックカバー

ふとしたきっかけで知人から、チェックの余り布をいただきました。
お金を出して手に入れた、100%自分好みの布で作る手芸もいいですが、
さて、どんなものを作ろうか・・・。
と、素材とアイデアとを交互ににらめっこするのも手作りの醍醐味かなと。
はじめから「この布を使って何かを作る」と決めるのは、はいわば少し制約があることだし。

せっかくもらったので、なにか作りたい。お礼のような気持ちも若干こめて。
くれた方にも、手元の布にも。

それで・・・サイズがそんなに大きい布でもなかったので、ブックカバーを作りました。
b0219214_11505998.jpg

バザーに向けて作りためていた時期だったので、売り物にできるよう意識して、
自分で考えられる精一杯のアイデアで取り組んでみました。

大きさは和書の文庫サイズ。 
細かいチェック柄なので柄を目印に刺繍を。王冠の図案をちょっとだけアレンジ。
b0219214_11593244.jpg

しおりを使う方にナイスかな?と表紙をめくるとポケット。
柄on柄なのでポケット布はバイアス裁ち。
b0219214_13595865.jpg

裏表紙側に差し込みを。本の厚みにフィット!
b0219214_1451100.jpg

今までも何度かチャレンジしてきたブックカバーですが、我ながら頑張ったと思います(笑)
市販のものをお店でみつけたとき、立ち止まって観察したりもしました(苦笑)
見かけによらずしっかりとした作りにびっくりして、
自分でも頭をひねって、接着芯をはったりしました。

やっぱり自分の手で作ってみると、発見と失敗と少しの上達ですね。

Anne.
[PR]
by komorebi-light | 2014-12-08 14:30 | 手作り

リメイク巾着袋

先日のスカートは無事お直しが済みました。やっと着て歩ける〜!!

手作りは毎回毎回、発見と失敗と少しの上達の積み重ねだな、と思いながら取り組むんですが。
初めて自作の小物を販売しようかと思い、ささやかな機会がありそうなので、
それに向けた作品作りをしているところです。
で、なにかというと、たいして手が込んでいるわけではないのですが。
以下の巾着袋、ふたつ。
b0219214_17595358.jpg

裏地付きで縦に長く、めがねや鉛筆も収まるサイズ。
表の布から裏地のギンガムがうっすらと透けているのが個人的に好きなところ。
b0219214_1904736.jpg

袋口にレースをはさんで縫ったので、口を絞るとフリル風になって甘さもプラス。
裏地の表情も変化する感じで。
b0219214_1922127.jpg

それでリメイクなんですよね、実は。
元は大きな一枚布の巾着だったのを縦半分に切って、それぞれに別々の裏地を付けて・・・という感じ。
以下アイデアをくれた、リメイク前の姿です。
b0219214_19123878.jpg

袋の表と裏にそれぞれ押したスタンプの模様が気に入っていて、
それをもっと違う形でよみがえらせたくて作り始め、
自分でもおお〜!!と、思わず笑みがこぼれる出来映えに仕上がりました。

相変わらず、縫い目が粗かったりと反省点はありますが、次回に活かせるのがぶきっちょの良いところかな?
販売となると値段も自分で決めることになりますが、う〜んいくらが相場なのかしら・・・(汗・焦)
Anne.
[PR]
by komorebi-light | 2014-11-24 19:39 | 手作り

簡単レシピの インサラータ・ディ・カプレーゼ

b0219214_2002517.jpg

久しぶりにデジカメの写真を整理したら出てきました!
美味しそうな写真!
初めて作ったカプレーゼ。
トマトとモッツアレラチーズのほかは市販のバジルソースと粗挽き黒こしょうだけの簡単レシピ。
きれいに並べるだけで、味まで違うような・・・? 

土地も味覚も田舎な我が家は、こんな味には(見た目も含めて)慣れないためか、
家族にはけっこう不評で残念・・・。ほとんどを私一人でいただきました。
トマトとチーズを切って並べて、ソースをかける・・・材料費はともかく手軽にリッチな気分を味わいました。バジルソースの独特の甘味がくせになる一皿でした♪

材料:
トマト 大
モッツアレラチーズ
バジルソース (市販)
粗挽き黒こしょう

作り方:
1. トマトは洗い水気をふく。へたを取り除く。

2.トマト、モッツアレラチーズは、7mmくらいの厚さに切る。
           
3.トマト→モッツアレラチーズ→トマト→モッツアレラチーズの順に交互に並べる。きれいに盛りつけると◎
          
4.トマト、モッツアレラチーズの上に、バジルソースをかけて好みで粗挽き黒こしょうをふる。




       
[PR]
by komorebi-light | 2014-10-21 20:39 | 手作り

古木の恵み

今年の収穫。
b0219214_20283432.jpg

私のうちは庭の向こうに畑があり、一本の桃の古木があります。
父親に尋ねても、いつからあるかわからないそうです。
毎年手入れさえしていれば、今でも実をつけるひしゃげた姿の木。

数年前からその木からとれた桃でジャムを煮るようになりました。
品種の古い木なので、そのまま食べても甘さはあまりなくて、
さっぱりとのどを通るだけ。

毎年けっこう実がなるので、贅沢なほどの量を使い、砂糖とレモン汁で煮詰めて。
桃の実、皮、種にわけ、皮はさらしで包んでたこ糸でしばり、種は丸ごと鍋へ。
丁寧にアクを取り除きながら、強めの中火でひたすらぐつぐつ煮る。
b0219214_20544422.jpg

できあがりはこんな感じ。
今年は洋酒で香りづけしてみましたが、抜群においしかったです♬
リキュールは熱で香りがとぶので、火を止めてから加えると良い香がたのしめます。
b0219214_2125341.jpg

桃色にする方法は以前ネットで発見。
さらしで包んだ皮にレモン汁を数回に分けてかけながら、木べらで押して色を出す。
この一手間で天然の桃色のジャムになるんだそう。

[ 白桃ジャム ]

材料:
白桃  (桃の実の部分)  1kg  ※種と皮も使用する
グラニュー糖  500g  (桃の実の50%)
レモン汁  70ml
キルシュ  80ml  ※桃のリキュールでも。
[PR]
by komorebi-light | 2014-07-20 21:47 | 手作り