Anne's 気まぐれカメラライフ

annebysk.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:daily life( 24 )

お手製アフタヌーンティー

b0219214_17191685.jpg

すこし肌寒いけれど、春を感じさせるには十分ないいお天気。
ばっけ(ふきのとう)が土の中から顔を出すのもそろそろかな?

晴れやかな気分になれそうな今日の午後は。
台所でエプロン姿でお菓子作りをしておりました。

薄力粉にグラニュー糖、ベーキングパウダーと塩、
牛乳に生クリームそれからちょっと奮発して発酵バター。
白い材料でミルキーな風味のスコーンを手作り。
最近、自分で食べるおやつは手作りすることが多い。

手があいた隙にオーブンを覗き見。
b0219214_17312254.jpg

新しいオーブンレンジは焼き癖がちょっと面倒なくせもの。
数回焼き具合で失敗しているので、後片付けをしながらときどき確認。

焼けたら今度はお茶の用意。大好物のミルクティー。
ジャムもクロテッドクリームもあるわけではないのですが、本でしか知らないアフタヌーンティーを自己流で満喫しました。
ぼそぼそ粉っぽいイメージのあるスコーンですが、乳製品が多めにはいるので、
外が側が香ばしく、中はしっとりとしていてクリーミーな風味。
ベーシックなスコーンが苦手な人もこれなら美味しいんじゃないのかな?
わたしがそのひとりだったので。

やっと暖かくなってきた最近の楽しみです。
[PR]
by komorebi-light | 2014-03-28 17:55 | daily life

鉛筆デッサン

b0219214_1552436.jpg

 昨年暮れに「村治佳織をデッサン」というタイトルで描きはじめたデッサン画がようやく完成。
といっても半年間直しっぱなしの日々ではなく、ほったらかしで先週久々に再開したら、筆がすすむ!二日ねばって完成。久々に真剣に絵と向き合いました。
 画像は見やすいよう多少アンダー気味に撮影しましたが、実物は2〜3m離れてしまうと全体に濃度が薄い印象です。
 次回の課題は惑わされないこと。
 デッサンが完成して気づきましたが、描くときの濃さと鑑賞したときの濃さは違うということ。
離れるほど印象は薄くなるので、濃淡のさじ加減を頭に入れながら・・・。
 次回の課題ができました。
[PR]
by komorebi-light | 2013-07-17 16:21 | daily life

村治佳織をデッサン(未完成)

画題 「村治佳織をデッサン」
b0219214_16423218.jpg


以下は数日後・・・。
少しずつ細部を描き込んでいってみた。唇や瞳を描き直して。
b0219214_17363844.jpg

ギタリストの村治佳織さんをモデルにデッサン画を描いている最中。まだ、未完成。
これから、もう少し細部に手を入れていく予定。






CD 『Viva! Rodrigo』 村治佳織(ギター)
b0219214_1746319.jpg

大好きな曲。アランフェス協奏曲。穏やかで優雅な印象です。
ペペ・ロメロ氏が演奏したものも聴きましたが、そちらは情熱的でキレがあり、演奏技術も圧巻。
どちらも大好き!!!

このCDジャケットをコピーして、それをデッサンのモデルとさせていただいています♪

・・・・では、続きをがんばります。

Anne.
[PR]
by komorebi-light | 2012-12-02 18:09 | daily life

絵を描いている

私の画具
b0219214_17565537.jpg

スケッチブックと鉛筆。
スケッチブッックは自分で買ったおぼえがない。ずうっと前から棚の上のダンボール箱にはいっていた。
鉛筆はステッドラーのセット。以前カルチャースクールのデッサン講座を受講した際の教材として買い揃えた。だが、ほとんど続かず・・・。


アトリエもどき
b0219214_1864037.jpg

もどきはもどきなわけで。
必ずここで立派に描いているのではないです。
スケッチブックもそう大きくないし、適当な場所で適当に・・・がほとんど。
まだ、始めたばかりだし。 学生の頃は、イラストを描くのが好きでしたが。
写真と違い、紙と鉛筆があればどこでもよい・・・というのが絵の良いところ。


衝撃的だった画家二人
b0219214_18165159.jpg

諏訪敦氏と松井冬子氏。の画集。
先日レジに持っていくのをためらい散々迷った末、どちらも買ってしまった。
しばらく財布がすかすかしそう・・・。
諏訪氏は数カ月前、同じ売り場で偶然手にとった。固まって、「すごい」しか言えない。欲しいけど、その時は買えなかったのだ。
松井氏の絵は、県立美術館のミュージアムショップに立ち寄った際、偶然陳列されていた「美術手帖」にて。
手にとってずっと読んで、「奈良美智展」にちなんだお土産がところせましと並ぶ中、「浄相の持続」のポストカードとともに買って帰った…。   一緒だった友達いわく「怖い絵」・・・たしかに!!(笑)


「無題」 未完成
b0219214_18343820.jpg

絵と再会、絵を再開。 そのきっかけの絵。

たまたま美容院にでも行こうかと思い、鉛筆をはしらせ始めたら・・・
髪を切りに行く時はいつも、イメージしている髪形をイラストに描き出して、それを美容師さんに見せながら相談するので、そのときもそういう気分で描き始めたのだが…ご覧の通りいまだに切っていない。

描き始めたらそちらのほうが楽しくなってきてしまった。
コピー用紙に鉛筆。「無題」は未完成のままスケッチブックに貼った。
特に誰かをモデルに描いたものではない。ポーズとパーツのツギハギのだれか。
鼻が描けていないとご指摘を受けた。苦手なパーツなのにきちんと見て描かないから、いつまでも描けるようにならない。
でも難しい、鼻。
くぼみとでっぱりが複雑な曲線になって鼻を形にしている。人それぞれ個性が出る。
光や顔の向きが変わるとまるで違う影ができる。
誰でもない、スキンヘッドの誰かの絵。
この絵はこのまま。 モデルもいない。 私の頭の中のツギハギの人物。
未完成のまま残しておきたい。

Anne.
[PR]
by komorebi-light | 2012-12-01 20:45 | daily life

難儀な場所にも宝物

棚からぼたもちそのまま、文字通り。
汚ーい棚から贈り物!

どこのお家でもそうだと思うんですが。
何でもかんでも放り込んじゃったまま、何年も開かずの棚。
家の台所にもそんな棚が一揃い。
カビ臭いような、ほこりっぽい何とも言えない、嗅ぎたくない香り・・・。

そんな開けたくない場所にも、古い掘り出し物、ありますね♪
今日はそんなところから、プレゼント頂きました。
b0219214_172557.jpg

古いボウルとお菓子の型。
まだ小さかった頃、この型で、スポンジケーキや、ババロアなんか作ったなあ・・・
なんて思い出まで、一緒に出できました。

忘れてしまっていた記憶もまた、贈り物。
母が作らなくなった今は、私がお菓子作りに夢中。
今の私と同じ年だった母は、当時はすでに私と弟の子育てで大忙しだったはず。
そんな日々の中にありながらも、小さかった私達に、食べ物に限らず、たくさんの手作りをしてくれたっけ。

作るのが好きなのは遺伝でしょうね(*^_^*)
再び、そしてありがたく。
今度は私がこれで、腕をふるっておいしいもの作ります。

Anne.

CAMERA : OLYMPUS PEN E-P2
[PR]
by komorebi-light | 2012-10-07 17:30 | daily life

小箱

b0219214_11321471.jpg

小箱、箱、缶にトレイ。
言いかえれば、入れ物。

その入れ物が、昔から大好きで。
いろんな、何かが入っていたであろう入れ物を、集めるのがまた大好きで。

お中元、お歳暮、クリスマス、ふと頂いたお土産、おすそわけ。

そんな物たちの存在が忘れられた頃、
こそこそ、ごそごそ、家の中を宝物でも探す気分で、あちこちうろうろ。

そうして何度となく、家族からしたら捨てるであろうごみ、
私にとっては鈍い光を放つ原石を、探してきました。
b0219214_1155680.jpg

この箱、見た目からは想像しにくいですが、最初はお線香が入っていました。
大きさは、1ダースの鉛筆の箱と同じくらいか、少し大きいか、という感じです。

元の箱は、線香が入っていただけあり、ふたは和紙で、商品名のラベルも貼ってありました。

見た目は、ともかく・・・。 箱のサイズに一目惚れ。
筆箱っぽい・・・というより、そのもの!!って感じ。

当然、見つけたのは仏間。
勝手に持ってっていい気もしないものだったので、じいちゃんに許可もらってから、私物にしました(笑)

可愛いなぁとか、何に使おうかなぁとか。
線香の箱の雰囲気をどうしたら、筆箱っぽくできる? ううん。イメージはステーショナリーだな・・・とか。

めくっていた本の1ページ、マスキングテープでアレンジした箱の写真。
可愛い・・・。
アイデアがむくむくと湧いてきたので、メモ紙に書き出して、その晩、すぐ作業にはいりました。

箱のまわりはぐるっと、ブラウンのマスキングテープをまきました。
センターのバラの花のストライプ模様は、便箋の一部を切り取って。
上下とも箱の底に、方眼の便箋をジャストサイズに切りとって、糊づけ。
内側の側面も補強を兼ねて、テーピング。

昨晩は、20時頃まで、楽しく黙々と、小箱と紙、テープで、工作♪

こういう作業って、終わった時の達成感と満足感で、いつまででも、出来た物を眺めてしまう(苦笑)
出来上がったときの、その幸福感を、ずーっと眺めてたいんです(笑)

目の前には、ダイヤモンド。
そんな、リッチな気分の夜更け。


Anne.


CAMERA : OLYMPUS PEN E-P2
[PR]
by komorebi-light | 2012-08-28 13:46 | daily life

残暑の残りは...

b0219214_710811.jpg

あとどのくらい、この夏は続くんですか?

レモンなんか買って。 タルトなんかがいいな。 作りたいな。
午後にアイスティー淹れて、ケーキほおばりたいな。

甘いこと考えても、残暑は厳しいのです・・・。

Anne.

CAMERA : KLASSE S
FILM : FUJICOLOR PRO 400H
[PR]
by komorebi-light | 2012-08-27 07:24 | daily life

酒の肴に涼しい夜風

b0219214_2042069.jpg

今夜は風が涼しい。

先日漬けた果実酒の実の引き上げをした。

今晩は珍しく、晩酌をしている。

その、(一応は)出来上がった自家製の果実酒を傍らに。

肴は余りもののみりん干し。

真新しい塗りの箸の舌触りも心地よい。

一番美味しく感じられるのは、

慣れない酒に火照っている顔にかかる風だ。


....気障に語るのは酔っているせいかもしれない。

Anne.
[PR]
by komorebi-light | 2012-07-20 20:47 | daily life

HOME WORKS

自家製果実酒は、このグラスで・・・♪
b0219214_1655585.jpg

HOME WORKS(家事仕事)・・・ できないわけじゃないけど、実家にいると甘えが、つい出る・・・。



先日カメラぶら下げて、街をぶらぶら。
ふと思い出して、新本店がオープンしたばかりのお洒落な生活雑貨店「HOME WORKS」に久々に足を運んだ。

最近少し、アルコール類も飲めるようになってきた。
以前は、さんざんくさい!! まずい!! なんていっていたのに。

ただ。果実酒が好きなのに、リキュールって高い・・・。
梅酒も、水割りにはしても、やっぱりお酒ですから。

が、しかし。
果実酒ならば、自宅で作れるのでは? と、レシピを検索したら。一発!すぐ見つかりました。
注意事項などにも目を通し、数日後には、スーパーへ。
安価で、年中手に入りやすく、なおかつ、美味しそう!!
と、オレンジ酒を、漬けてみることに。
漬け込む手順も、簡単シンプル。あっという間に仕込みは完了。
あとは、熟成して美味しくなるのを待つだけです。

が。 待ってられなくて(笑)
可愛いグラスを見つけてしまった(笑)
しかも、在庫処分品のようで、一個だけ残っていて赤札。
いったんHOME WORKSをあとにしたのですが、ベンチで休んで、写真も撮ったりした後、舞いもどる・・・。
可愛い小物に目を奪われ、木製コースターとともに購入してしまった・・・(苦笑)


とても浅いのですが、お皿のように深さがあるコースター。
木製なので、本来の用途以外にも活躍。
b0219214_16571522.jpg

アクセサリーをのせても可憐で良し。
サプリメントの一時的な置き場所にもなって、使い勝手がいい。
こまごましたものに、置き場ができました。


ところで、オレンジ酒の飲み頃はというと・・・実の引き上げが、7月下旬ごろまでに、
飲めるのも、だいたいそのあたりからだそうで・・・・。
ただ。 もっと漬けるとよりいっそうまろやかになるとのこと・・・。

ずいぶん、気の早い買い物をしてしまったもんだわ・・・(苦笑)

Anne.
[PR]
by komorebi-light | 2012-06-15 17:17 | daily life

Pungent Life

CAMERA : Canon EOS Kiss Lite   FILM : FUJIFILM FUJICHROME TREBI 100
b0219214_21124051.jpg

気分は・・・フォトグラファー気取りで!!

個人的な写真集(いわゆるフォトブックです・・・)をつくりました。
タイトルは「パンジェント・ライフ」。

この"パンジェント"(パンジェンシーだったりもしますが)紅茶のテイスティング用語で、
心地よく爽快な"渋み"のことです。

「苦くて渋い・・・」というような、まずいという意味ではなく、
最高においしい紅茶にたいしてのほめ言葉(パンジェンシー)です。

私は決して紅茶の専門家ではなく、ただの紅茶好きですので、
もし、勘違いなどありましたら、ご容赦ください・・・(汗)


写真集にこう名付けたのも、普段から、
人生けして楽しいことばかりじゃない、といつも感じていて、
でも、楽しくないことの中にある、満ち足りた瞬間、そんなものがあるから、
私は、明日へまた明日へ・・・と人生を歩く、歩みを止めないんじゃないかと・・・
そんな風に考えていたからです。

あと、紅茶が大好物だから(笑)。

制作中、写真は差し替えの連続で、フリーレイアウト、文字フォントもバックカラーも
すべて一から始めました。

本当は飼い猫とじゃれながら、のんびり作る予定でしたが(笑)、
迫っている写真展で展示ができれば・・・と途中からかなりのペースアップに。
展示していいか、代表に聞いてもいないのに・・・(苦笑・・・)
出荷予定日に間に合わせようと、かなり必死で作業。
広島の工場から出荷して、展示に間に合うよう、届くのか、今から心配・・・。
とっても楽しみにしてもいますが♪



今回の 「Pungent Life」 は、フォトブック制作サイトで、誰でも閲覧することができます。
もし、興味がある方がいらっしゃいましたら、下記から検索してみてください。


サイト名 : MY BOOK からサイト内「クラブ マイブック」へ

ニックネーム : Anne (2012年 5月 9日更新分)

カテゴリ : 作品集


よければアクセスしてみてください・・・♪

Anne.
[PR]
by komorebi-light | 2012-05-09 21:17 | daily life